業務内容

プラント装置は、2年ないし4年に一度のメンテナンスが義務づけられています。

そのメンテナンスを行う際に、装置の運転を停止し、装置に異常がないかを判断し、必要があれば健全なプラント運転のために補修を行います。

メンテナンスは、顧客の利益損失を守りひいては社会への影響を防ぐ重要な工事といえます。

弊社の主要業務はプラント装置の機器開放清掃、反応塔内の触媒取替、機器の更新・改造を主軸とし、メンテナンスの一端を担っています。